Didymosスリング - 1972年以来のドイツのオリジナル

身体に近い子供を運ぶことは、今日、世界で最も自然なものであるようです。しかし、50年前まで、貧困の徴候として赤ちゃんを運ぶことが理解されました。

裕福で、良い家から来て、看護師によって看護され、乳母によって教育された子供を持っていました。これは、西洋の世界が伝統的なベビーキャリアの復活を祝った1970年代まで続いた。

デジモスのベビースリングでは、母親と子供がお互いの関係をより集中的に長く楽しむことができます

ディディーモッズベイビースリング赤ちゃん布明るい子供トレンディー

1972年にSwabian Ludwigsburgで、Didymosベビースリングの生産を専門とするブランド "Didymos"が設立されました。創業者のエリカ・ホフマンは、ドイツのベビースリングポニーとして有名で、多くの母親から驚いたことに歓迎された子供の運搬を再燃させました。

より良い移動性と常に自由な手を持つ 

ディディーモスベイビースリング赤ちゃん布地明るい子供紫




双子を含む4人の小さな子供たちの若い母親として、Erikaは自分のために最適な解決策を見つけ出し、いくつかの家事を自由にすることを望んでいました。彼女の双子の誕生は彼女に "Didymos"という名前を選ぶ機会を与えました。ギリシャ語では "双子"という意味です。このブランドは市場で定着しており、今や信頼と良質の象徴とみなされています。

パピスはさらに優れている  

ディディモス赤ちゃんスリング赤ちゃん明るい子供紫色レトロなパパ

子供が生まれるべきかどうかは、最終的に両親の決定です。しかし、彼らがDidymosスリングをどのように評価するかは、実際にデメリットよりも多くの利点があることをはっきりと示しています。

スリングは実用的でどこでも取ることができます 

ディジモスベビースリング赤ちゃん紫色レトロピンク



ブランドDidymosのシリーズKatja

ディディモスベビースリング幼児赤ちゃん明るい子供katja

新鮮、カラフル、ストライプ

ディディーモッズベイビースリング赤ちゃん布明るい子供トレンディー

例えば、新生児は、親との絆を強化する、ママやパパとのより長く自然な身体接触を楽しむことができます。

ディディモスベビースリング幼児赤ちゃん明るい子供

さらに、子どもたちは必ずしも焦点ではなく、両親のすべての活動を引き続き体験することができます。両親はより良い運動能力を持ち、子どもを運ぶ負担は欠点の1つですが、大人の中核筋肉は通常強化され、実際には非常に喜ばしいものです。

さまざまなモデルと色

ジディモスベビースリング赤ちゃん布明るい子供カラフル

ファッショナブルなパターンと自然な生地 

ディディーモッズベイビースリング赤ちゃん布明るい子供トレンディー

みんなのために何かがある

ディディーモスベイビースリング赤ちゃん布地明るい子供紫

伝統的、懐かしい、おしゃれな

ディディーモス赤ちゃんスリング赤ちゃん布明るい子供赤い点在

ディディーモッズベイビースリング赤ちゃん布明るい子供トレンディー

ベビースリングは小さく、実用的でどこでも簡単に取ることができます。

いくつかの欠点のうちの1つは、経験の浅い者が最初に不便なトートを見つけることである。もう1つの欠点は、身体への負担を防ぎ、身に着けることに影響を及ぼす既存の身体障害である可能性があります。

詳細:https://www.didymos.de

親密な親子関係のために閉める

ディディモスベビースリング幼児赤ちゃん明るい子供

布の綴じは最初に不都合です 

  ディディモスベビースリング幼児赤ちゃん明るい子供

Didymosスリング - 品質を表す名前

ディディモスベビースリング幼児赤ちゃん明るい子供katja

運動中、体の筋肉を鍛える

ディディモスベビースリング幼児赤ちゃん明るい子供katja

子供は積極的にすべてを経験する

ジディモスベビースリング赤ちゃん布明るい子供カラフル

持ち歩いている赤ん坊は世界で最も自然なものです 

ディジモス赤ちゃん布紫色レトロsw

次回は拘束力のあるガイドが利用可能になります

ディディモスベビースリング幼児赤ちゃん明るい子供katja

Categories: トレンド

0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 86 = 88